失敗しないリハビリ管理システムの選び方 -リハ管Navi- » 病棟の課題と解決方法

病棟の課題と解決方法

リハビリ管理病棟には多くの課題があり、一つ一つ解決するのは時間や費用がかかります。しかし、リハビリ管理システムで解決できる内容が多く、システムの導入により、短時間且つ低費用で同時に解決することが可能です。ここでは代表的な課題について紹介し、解決策についても紹介します。

残業時間が多い

療法士の残業時間は特別多いわけではないけれど、休日でも勉強会や学会に参加することもあり、休みがとりにくいと感じている方が多いよう。

療法士の残業時間を減らす工夫としておすすめなのが、事務作業の時間を短縮するリハビリ管理システム。

リハビリ管理システムで療法士の事務作業の負担を減らし、残業時間の短縮につなげていきましょう。

理学療法士・作業療法士の
残業を減らす方法とは?

パソコンの台数が足りない

リハビリ管理システムを導入していてもパソコンの台数が足りないと療法士が入力待ちになってしまい、時間のロスに繋がります。この課題解決の一つとして、院内webシステム型のリハビリ管理システムの導入があります。webシステム型を利用できると、タブレットやスマホからシステムにアクセスすることが容易に行えるのです。

パソコンの台数制限に悩んでいるなら、リハビリ管理システムのシステム形態を見直してみましょう。

台数制限なし
ライセンスフリーの
リハビリ管理システムとは?

情報共有がしにくい

療法士が医師や看護師と患者のリハビリ情報を共有する際、書類への手書きや文字では情報共有がしにくいため、各部門との連携に困ることも。

リハビリ管理システム使うことで、療法士同士だけでなく、医師や看護師と情報共有しやすくなります。

リハビリ風景を動画にしてスタッフ全員で共有をすれば、一瞬で多くの情報を広く伝えることができるのです。

リハビリ管理システムで情報共有を
スムーズにする方法とは?

仕事がきつい

理学療法士がきついとされる理由のひとつが肉体的、精神的疲労です。患者さんの体力・筋力回復のために、自身の身体を使ってサポートする肉体労働的な側面もあるほか、患者、患者の家族、医師とのコミュニケーションが欠かせない・日々勉強を重ねていくなど精神面でもハードな面があります。その上で、業務時間内に書類作成ができない・新人だから時間外で指導を受けなければならないなど、負担が大きくなってしまうと、離職に繋がりかねません。

不要な業務はシステムに任せたり、システムにスケジュールを管理してもらったりして少しでも理学療法士の負担を軽減しましょう。

リハビリ管理システムで
理学療法士の負担は軽減できる?

リハビリのスケジュール作成・管理が難しい

リハビリ病棟ではたらく療法士が抱える問題に、リハビリスケジュールの作成・管理の難しさがあります。情報不足、情報の一元化がなされていない、人手不足、単位数記載表が最新でないといった複数の要因が複雑に絡みあったこの問題の要因を知り、リハビリ管理システム導入で改善する糸口をつかみましょう。

リハビリのスケジュール作成や管理を効率化する方法は?

業務改善が図れず仕事が終わらない

「療法士の仕事が時間内に終わらない…」それは、療法士の仕事が、患者と接するリハビリ業務だけに限定されていないからです。カルテや書類作成から、研修参加、ミーティングなど多様な仕事に追われ、心身ともに疲労しがちなリハビリ職。離職率をあげないためにも、業務改善の糸口を探り、残業実態や業務内容について考えてみましょう。

療法士の業務改善の方法は?

勉強会が大変

理学療法士はリハビリだけでなく、書類作成などの事務仕事も行っています。休みが取りにくい職業でもあるので身体的に負担がかかりやすいですが、そんな中でも勉強会に参加しなければなりません。

勉強会は知識のアップデートや個人のスキルアップに役立ちますが、中には休日に参加するケースもあり、大変さを感じる人ことも。ここでは、勉強会の種類や内容、目的について解説しています。

理学療法士の勉強会は大変?

療法士の課題を解決するのはリハビリ管理システム

現在抱えている課題を解決するためには、新しいシステムを取り入れてみることも必要です。自分の職場に合ったリハビリ管理システムを使うことで、早期の問題解決に繋がります。

多様な管理システムから選ぶためには、サポート体制・導入事例・外部システムとの連携を確認し、無料のデモンストレーションを試してみましょう。

病棟の特徴別
おすすめのリハビリ管理システム
3選を見る

リハビリ病棟・理学療法士のその他課題と解決方法

リハビリ病棟・理学療法士の課題は他にもいろいろあります。それらの課題はシステムの導入以外の方法で課題することも可能です。ぜひ参考にしてください。

理学療法士の勉強会負担軽減にeラーニングを導入したい

理学療法士は業務時間外に勉強会へ参加することが負担になっているケースがあります。残業時間と判断されるか、されないかなども問題もあるため、時間や場所を選ばず自分のペースで学べるeラーニングを活用するのもおすすめです。理学療法士向けのeラーニングは色々と提供されており、定額で何度も視聴できるものもあるのでぜひチェックしてください。

理学療法士の勉強会負担軽減に
eラーニングを導入したい

リハビリ業務改善のために、コンサルタント導入を検討したい

リハビリ業務に追われて人材育成まで手が回らないのであれば、コンサルタントを導入することも検討しましょう。デイサービスや訪問看護など理学療法士が在籍していない施設をはじめ、リハビリを行っている病棟など、リハビリ専門のコンサルタントがいます。必要な教育訓練の実施だけでなく、収益改善や生産性向上についてのアドバイスをしてもらうこともできます。

リハビリ業務改善のために、
コンサルタント導入を検討したい

職場の人間関係を改善したい

理学療法士にとっても人間関係は無縁ではありません。上司や同僚、先輩だけではなく、患者、さらには患者の家族等、人間関係の悩みが多々あります。悩まされる人間関係の中身や対策をご紹介していますので参考にしてみてください。

職場の人間関係を改善する方法とは?

嚥下訓練で理学療法士の役割を知りたい

嚥下訓練は理学療法士の介入する部分がないと思っている方もいるかもしれませんが、適切なポジショニングやいざという時のサポート等、理学療法士も大切な役割を担っており、決して無関係の領域ではありません。

嚥下訓練で
理学療法士の役割は?

算定漏れ・請求ミスを防ぎたい

いくら院内のシステムが効率化されても、使う側が意識していないと算定漏れや請求ミスは起こってしまうもの。診療をする医師側と内容を見る事務方の双方が意識してはじめてミスの防止につながります。

算定漏れ・
請求ミスを防ぐには?

心臓リハビリテーションでの対応と注意点を知りたい

さまざまな医療者と連携しながら、適切な心臓リハビリテーションの実施が求められる理学療法士。心臓リハビリテーションでの理学療法士の具体的な役割や求められる対応、注意点を詳しくまとめました。

心臓リハビリテーションでの
対応と注意点を知る

病棟でLGBTフレンドリーな対応を行うには?

LGBTの方が安心して医療機関を受診できる社会にするためにも、医療従事者が理解を深めることは大切です。病院や理学療法士ができるLGBTフレンドリーの取り組みについて紹介しています。

病棟でのLGBTフレンドリー
対応について知る

在宅酸素療法の指導を行いたい

在宅酸素療法を導入する際は、理学療法士が指導を行うことがあります。患者さんへの指導時は、自己判断しないよう説明することと、吸入方法の確認が重要です。在宅酸素療法の指導のポイントをまとめました。

在宅酸素療法の指導
について知る

リハビリ時の栄養評価を行いたい

リハビリは、栄養状態によってその効果が左右されます。状態に合わないリハビリを行っても、筋力低下を招きかねません。栄養評価は理学療法士にとって重要なスキルとなっています。リハビリ時の栄養評価のポイントをまとめました。

リハビリ時の栄養評価
について知る

ICUでリハビリテーションを行いたい

ICUでのリハビリテーションは、早期回復のためにも大切なものです。体を起こしての運動訓練を実施することが難しい患者さんが多く、ICUでのリハビリに苦手意識のある理学療法士は少なくありません。ICUでのリハビリのポイントを紹介しています。

ICUでのリハビリテーション
について知る

リハビリ管理に求められるDX

リハビリ管理にDXを活用することで、患者のケアの質が向上し、事務作業の負担が軽減され効率的なリハビリテーションケアが提供されるようになります。ここではリハビリ管理にDX化が求められる理由について紹介しています。

リハビリ管理に求められるDX
について知る

女性理学療法士が働きやすい職場環境

女性理学療法士が働きやすい職場環境の特徴として、出産・育児休暇取得や短時間勤務などの制度が整っていることが挙げられます。ここでは女性理学療法士が働きやすい職場環境や女性理学療法士がリハビリ病棟で働くメリットなどについてまとめています。

女性理学療法士が働きやすい職場環境
について知る

リハビリ病棟の人材育成

高い質のリハビリを提供するために人材育成は重要です。リハビリ病棟における人材育成の課題としては、実践力や指導力、時間などがあります。ここでは、課題解決をする3つの方法を紹介しています。

リハビリ病棟の人材育成
について知る

リハビリ病棟に必要なチームアプローチ

チームアプローチとは、患者やその家族の希望、目標が達成できるように、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、薬剤師などの専門職が、協働しながらサポートすることです。ここでは、チームアプローチを展開するポイントを紹介します。

リハビリ病棟に必要なチームアプローチ
について知る

リハビリ病棟に求められる地域連携

リハビリ病棟での治療を終え退院する患者や家族は様々な不安を持っています。安心して生活してもらうためにも、ケアマネージャーやかかりつけ医など、地域連携は重要です。ここでは、リハビリ病棟が地域連携を進める際の注意点などを解説します。

リハビリ病棟に求められる地域連携
について知る

リハビリ病棟の啓発活動

リハビリ病棟は、リハビリが必要な患者様の治療を行う場所ですが、ロコモや脳卒中の予防に関する啓発活動を行うことで、将来の患者を減少できるほか、地域貢献につながります。ここでは、実際の啓発活動例などを紹介しています。

リハビリ病棟の啓発活動
について知る

リハビリ病棟に必要な管理栄養士

これまで、病棟の管理栄養士の役割は、医師の指示のもと、給食の献立を作成することにとどまっていました。しかし、現在はチーム医療の一員として、入院患者の栄養管理をすることが求められてきています。ここでは、管理栄養士の役割について紹介しています。

リハビリ病棟に必要な管理栄養士
について知る

リハビリ病棟に必要な薬剤師

回復期のリハビリ病棟に入院する患者様の多くは、高齢で複数の薬を服用していることがあるため、飲み間違いを防ぐためには薬剤師の積極的な関与が欠かせません。ここでは、リハビリ病棟における薬剤師の役割について紹介しています。

リハビリ病棟に必要な薬剤師
について知る

リハビリ病棟のカンファレンス

リハビリ病棟には医師や看護師を始め、さまざまな職種が関わっています。効率的にリハビリを行うためにカンファレンスは重要な役割を果たします。全員が集まりやすい時間帯かつ短時間で開催し、話し合う目的を明確にすることがポイント。ここでは、リハビリ病棟のカンファレンスについて紹介しています。

リハビリ病棟のカンファレンス
について知る

リハビリ病棟における言語聴覚士の不足

理学療法士や作業療法士と比べて歴史の浅い言語聴覚士は、認知度の低さから人材不足となっています。若い人材を増やすためには、認知度の向上や他職種との連携強化が重要。ここでは、リハビリ病棟における言語聴覚士の不足について紹介しています。

リハビリ病棟における言語聴覚士の不足
について知る

リハビリ病棟に必要な医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーは、リハビリ病棟において、入院から社会復帰まで関係機関と密に連携し、患者と家族の精神的・社会的なサポートをすることが求められます。ここでは、リハビリ病棟に必要な医療ソーシャルワーカーについて紹介しています。

リハビリ病棟に必要な医療ソーシャルワーカー

について知る

リハビリ病棟における作業療法士の不足

一般的に病院は作業療法士の数が足りているとされています。しかし、リハビリ病棟によっては人手不足に悩んでいるケースもあります。ここでは、リハビリ病棟において作業療法士が不足する原因と、実践したい解決策を紹介します。

リハビリ病棟における作業療法士の不足

について知る

リハビリ病棟における看護師の業務に関する課題

リハビリ病棟ではチーム医療を選択されることが多く、看護師はその中でも中心となる存在です。患者さんを支え、リハビリがスムーズに進むようにサポートします。ここでは、リハビリ病棟での看護師の役割や課題と解決策を紹介します。

リハビリ病棟における看護師の業務に関する課題

について知る

リハビリ病棟における医師の業務に関する課題

リハビリの具体的な内容を決めるなど、非常に重要な役割を持っているのが医師です。チーム医療のリーダーとして全体をまとめます。ここでは、リハビリ病棟での医師の役割や、どういった課題があるのか、その課題をどう解決すべきか解説します。

リハビリ病棟における医師の業務に関する課題

について知る

リハビリ病棟に対する第三者評価

リハビリを実施する病院では、入院する患者さんのリハビリ後の効果を適正に測定する必要があり、第三者による評価が課題となっています。ここでは、リハビリ病棟で第三者評価が必要な理由や導入の経緯、課題について紹介します。

リハビリ病棟に対する第三者評価

について知る

リハビリ病棟の入院料

リハビリ病棟は1〜5まで5つの施設基準に区分けされ、入院料が算定されます。近年では診療報酬改定にかかわる議論がかわされており、単位数制限に関する議論も活発化しています。ここでは、リハビリ病棟の入院料について紹介します。

リハビリ病棟の入院料

について知る

リハビリ病棟におけるADLの評価

病院でリハビリを実施したあとは、患者さんごとにADLの改善状況を正しく見極め、把握しなければなりません。その際に用いられる評価方法は大きく分けて2種類です。ここでは、ADL評価の概要や課題について解説しています。

リハビリ病棟におけるADLの評価

について知る

急性期リハビリ病棟における早期リハビリ・休日リハビリ

急性期リハビリ病棟における早期リハビリ・休日リハビリは、医療機関と患者双方にとって重要なものです。ここでは、急性期リハビリ病棟における早期リハビリ・休日リハビリの実施状況や重要性について解説します。

急性期リハビリ病棟における
早期リハビリ・休日リハビリ

について知る

回復期リハビリ病棟における退院前訪問指導

退院前訪問指導は患者の満足度向上や再入院予防に直接影響するもので、患者にとっても医療機関にとってもメリットの大きなものです。ここでは回復期リハビリ病棟における退院前訪問指導の実施状況や重要性について解説します。

回復期リハビリ病棟における退院前訪問指導

について知る

遠隔リハビリ

従来のリハビリテーションは対面で行われるのが一般的でしたが、遠隔リハビリは時間や場所の制約を受けずに医療サービスを受けることが可能です。ここでは、遠隔リハビリとはどのようなものなのか、遠隔リハビリの推進に関する課題も合わせて解説します。

遠隔リハビリ

について知る

維持期のリハビリにおける課題と解決策

リハビリテーションにおける維持期は、治療の進捗に合わせて患者の自立を支援し、再発や機能低下を防ぐことが目標です。維持期には、リハビリサービスの不足や患者のモチベーション維持などの課題が潜んでいます。ここでは維持期のリハビリにおける課題と解決策について解説します。

維持期のリハビリにおける課題と解決策
について知る

脳卒中のリハビリ

脳卒中は突然の発症で人々の日常生活に大きな影響を与える病気。脳卒中のリハビリには様々な課題があります。例えば、保険適用期間の制限や本格的なリハビリ環境の不足などです。ここでは脳卒中のリハビリにおける課題と解決策について解説します。

脳卒中のリハビリ
について知る

リハビリロボットの活用

リハビリロボットは、リハビリテーションを受ける患者の立ち座りや歩行動作をアシストするロボットです。主に立ち座りや歩行の動作に不自由を感じる方や、下肢の筋力が低下している方を対象としています。ここではリハビリロボットの特徴や活用事例を解説します。

リハビリロボットの活用
について知る

呼吸リハビリテーションの課題と解決策

呼吸リハビリテーションは、さまざまな課題を抱えています。一例としてあげられるのが、十分な成果を得られないケースがあることです。ここでは、呼吸リハビリテーションの課題とその解決策を紹介しています。

呼吸リハビリテーションの課題と解決策
について知る

リハビリ病棟における賃上げ

リハビリ病棟で働く職種の平均年収は異なります。令和6年度介護報酬改定などで賃上げに向けた取り組みが行われる点がポイントです。ここでは、各職種の平均年収とリハビリ病棟の賃上げについて解説しています。

リハビリ病棟における賃上げ
について知る

小児リハビリテーションの課題と解決策

小児リハビリテーションの主な課題として、スペシャリストの不足と実施率の低さがあげられます。両者は密接に関係しているため注意が必要です。ここでは小児リハビリテーションの課題とその解決策を解説しています。

小児リハビリテーションの課題と解決策
について知る

     
療法士のニーズを満たす
おすすめのリハビリ管理システム3製品
リハビリ管理システムを選ぶ際に見るべきなのは、サポート体制・導入事例・外部システム連携・デモンストレーションの4点。病棟の規模や特徴によってマッチするシステムが変わるので、自分の職場に合うシステムをチェックしてみましょう。
療法士の人数が多い
中・大規模病院向き
リハスタのイメージ
リハスタ
リハスタのポイント
PC増設時の追加コストなし。端末ライセンスフリーで情報共有しやすい
パソコン台数が少ない
小規模病院向き
リハメイトのイメージ
リハメイト
リハメイトのポイント
契約台数を選べるソフトウェア型。1台からの導入事例もあり
介護保険対応を重視する
病院向き
タックのイメージ
タックリハビリテーション支援システム
タックリハビリテーション支援システムのポイント
通所リハ・訪問リハがある病院に嬉しい介護保険機能

※Googleで「リハビリ管理システム」と検索をして上位表示された電子カルテ・介護用システムを除く21社を調査し、無料デモンストレーション・導入事例・外部システムとの連携・サポート部門が公式HPに記載されている3社を紹介しています。(2021年12月1日時点)

成功は「システム選び」が鍵!
失敗しない選び方からみた
リハビリ管理システムおすすめ3選