失敗しないリハビリ管理システムの選び方 -リハ管Navi- » 導入事例

リハビリ管理システムの導入事例

回復期、急性期、地域包括ケアとリハビリテーションの種類は3つあり、必要となる管理システムも異なります。ここでは3つそれぞれの導入事例について紹介しているので、システム導入を検討中の方は参考にしてください。

回復期リハビリテーション病棟の場合

回復期リハビリテーション病棟は、病院の中でも特にリハビリ管理システムの需要が高い場所。

集中的にリハビリを行うため、効率的にスケジュールを組めるかが重要です。

導入事例では、回復期のリハビリにおいて療法士がどのようにシステムを使っているかを紹介しています。

回復期リハビリテーション病棟の
導入事例を見る

急性期リハビリテーション病棟の場合

急性期のリハビリテーション病棟では、突然の容体急変に対応できるかという点が大切。

患者様に合わせて臨機応変にスケジュール調整をしたり、医師と連携をしたりと、柔軟な対応ができるリハビリ管理システムがぴったりです。

導入事例では、透析支援システムとの連携など、具体的な例を紹介しています。

急性期リハビリテーション病棟の
導入事例を見る

地域包括ケア病棟の場合

回復期や急性期とは比べると病状が安定した患者様に対して、自宅や介護施設への復帰支援を目的にリハビリを行うのが地域包括ケア病棟。

療法士以外にも看護師や介護士など、他職種との連携が必須となるため、速やかに情報共有できるリハビリ管理システムが必須です。

導入事例では、福祉型障害児入所施設や介護施設についての業務管理システムを紹介しています。

地域包括ケア病棟の
導入事例を見る

アスリートのリハビリ管理システム

アスリートのリハビリ管理における課題として、特殊な怪我のリハビリやチームドクターの連携などが挙げられます。ここではアスリートのリハビリ管理システムの導入事例を紹介しているため、ぜひチェックしてみてください。

アスリートのリハビリ管理システムの
導入事例を見る

リハビリ管理システム選びは導入事例もポイント

リハビリ管理システムを選ぶ際には、実際の導入事例を参考にしてみましょう。

病院の規模や特徴が似ている導入事例があれば、リハビリ管理システムの導入を成功させる大きなヒントになります。

様々な導入事例をチェックして、成功している病院や施設を参考にしてみてくださいね。

導入事例を紹介している
おすすめのリハビリ管理システム3選を見る

     
療法士のニーズを満たす
おすすめのリハビリ管理システム3製品
リハビリ管理システムを選ぶ際に見るべきなのは、サポート体制・導入事例・外部システム連携・デモンストレーションの4点。病棟の規模や特徴によってマッチするシステムが変わるので、自分の職場に合うシステムをチェックしてみましょう。
療法士の人数が多い
中・大規模病院向き
リハスタのイメージ
リハスタ
リハスタのポイント
PC増設時の追加コストなし。端末ライセンスフリーで情報共有しやすい
パソコン台数が少ない
小規模病院向き
リハメイトのイメージ
リハメイト
リハメイトのポイント
契約台数を選べるソフトウェア型。1台からの導入事例もあり
介護保険対応を重視する
病院向き
タックのイメージ
タックリハビリテーション支援システム
タックリハビリテーション支援システムのポイント
通所リハ・訪問リハがある病院に嬉しい介護保険機能

※Googleで「リハビリ管理システム」と検索をして上位表示された電子カルテ・介護用システムを除く21社を調査し、無料デモンストレーション・導入事例・外部システムとの連携・サポート部門が公式HPに記載されている3社を紹介しています。(2021年12月1日時点)

成功は「システム選び」が鍵!
失敗しない選び方からみた
リハビリ管理システムおすすめ3選